News

新着記事

2018/11/19

・《出店者様のご紹介 part2》 今回は特別出店いただける中の2社様です!

ONIBUS COFFEE

「ONIBUS」はブラジルのポルトガル語で公共バス、バス停から人を繋いでいく日常。

コーヒーショップもそんなバスのように人と人を繋いでいくという思いを込めて、

オニバスコーヒーと名付けました。

2012年に1号店をオープン現在都内に4店舗をかまえるコーヒーショップ。

ロースタリィーのONIBUS COFFEの他ABOUT LIFE COFFEE BEWARES 、

RATIO COFFEE & CYCLEなどコーヒースタンドも手がけ、

地域に根ざしより多くの人にコーヒーを提供する場を作っている。

また、アフリカや中米のコーヒー農園に積極的に訪れ、

現地との持続的な取引を大切にしながら、

素材のトレーサビリティを明確にする活動を積極的に行う。

 

LE SUCRÉ-COEUR

ブーランジュリ ル シュクレ クール (2004年4月17日創業).

大阪は北摂 吹田市 岸部にて赤いパン屋として誕生しました。

フランスの伝統に恋い焦がれ、頑ななまでのものづくりから、

風景や文化ごと表現していました。

10周年のタイミングで、アメリカへと研修に行き、サンフランシスコの風に吹かれ。

フッと肩の力が抜けました。

小麦と水と酵母から、

時間によって育まれるおおらかなパンたちに、

想いをのせて届け続けています。